2012年04月23日

深谷宿 その23

牧西(もくさい)の集落に入ると左手に八幡大神社があります。
案内板に「建久年間(1195)に児玉党の一族・牧西四郎広末が(中略)相州鎌倉鶴岡八幡宮を奉遷して当所に祭った…」とあります。
しかし、1195年と具体的な西暦を書いているのに、「年間」って…。
やはり、ここは「建久6年」とするべきでしょ。
そして、牧西広末は牧西弘季のことだけど、案内板を業者に発注する時に、原稿の段階で「弘季(ひろすえ)」を広末と誤変換したんでしょうね。
最後に、「奉遷」だと祭神が引っ越してきたみたいなので、分祀 or 分霊、あるいは勧請のほうがイイと思います。
この案内板っていったい…。
これはホントだと思うけど、当社奉納の金鑚(かなさな)神楽宮崎組が市指定無形文化財となっています。

向かいは宝珠寺で、参道の並木が美しい。
画像
赤い仁王門が立派。
仁王門と明和6年(1769)製の仁王尊像は最近解体修復工事をしたそうで、結構キレイ。
境内に郷土かるた:ほんじょうかるたの石碑が建ち、「野の花をにらむ宝珠寺仁王様」と刻まれています。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 09深谷宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178903301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.