2016年10月02日

松井田宿 その15

迂回路と平行して走る線路の先は崖で、視界が開けています。
渡る踏切が思いがけず第10中仙道踏切。
往時は崖の斜面を通行していても、信越本線が開業した明治18年(1885)には、この踏切を通る街道が中山道と認識されていたんだよね?
さて、金剛寺に立ち寄る予定だったけど、道端に標識がなく、入口が分からず素通りしてしまいました。ふと気がつくと、おらたちの後ろに旅人の集団が。
いつものことだけど、いずれ追い越されちゃうんだよね。
湘南電車が走ってきたので、みんなでパチリ。
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 16松井田宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178903471
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.