2016年10月30日

松井田宿 その21

旧道に戻ります。
信越本線にぶつかると、線路の先に旧道が延びています。
ありゃ、榎踏切だって。
緑の中山道標識もあります。
信越本線開業当時は榎踏切のすぐ手前に第11中仙道踏切があったんだろうね。
踏切を渡ると急な上りの丸山坂。
眺めがイイ。
石仏群を横目に上ると、峠に赤いちゃんちゃんこを着たお地蔵さま2体。
画像
右の背の高いお地蔵さまが夜泣き地蔵です。
左側のお地蔵さまは頭の部分に丸い石が載っているけど、ホントの頭は足元に転がっているのでかなり不気味
そして、テーブルのような茶釜石。
茶釜石の上には小さな石が載っているけど、多くの旅人が叩いているようで、粉まみれになっています。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 16松井田宿
この記事へのコメント
もう少し行くと,カントウタンポポ咲く
のどかな道になります。
中山道の中でも,好きなポイントの一つです。とらぞうさんと歩いたときは
春ではなくて,タンポポが見られず残念でした。

一人で歩いたときは,夢中でタンポポの花を撮っていたのですが,そのデータはすべて消えてしまいました。残念。
Posted by 萩さん at 2016年10月31日 09:52
萩さんは春でしたか。
タンポポ残念でしたね。
当日は蛇行している山道が上りになったところに季節はずれのタンポポが咲いていました。
この辺りは彼岸花も多かったし、周りは梅畑でしたよね。
歩いた季節で花が楽しめるのでイイ旧道ですね〜。
Posted by とらぞう at 2016年10月31日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178903477
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.