2017年11月18日

坂本宿 その04

碓氷峠に関所が設置されたのは古く、昌泰2年(899)に上野国の碓氷関と相模国の足柄関が設置されています。
その後は廃止&設置を繰り返し、近世の関所としては、文禄元年(1592)伊奈忠次&大久保長安によって設置されました。
松井田宿の巻で述べたけど、関長原にあった碓氷関所が現在の場所に設置されたのは元和9年(1623)。
忠次&長安が最初に設置した碓氷関所というのは、関長原の関所でしょう。

さて、碓氷関所跡の石段を上ったところに建っている門は昭和34年(1959)に復元された東門で、建っている場所は当時の番所跡。
n171118.jpg
元々は関所跡の前にある駐車場で、↑標柱が立っている場所↑に建っていたものです。
東海道の箱根関所や新居関所に比べると規模が小さく感じるけど、「入鉄砲に出女」の取り締まりは厳しかったみたい。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿
この記事へのコメント
門は昭和34年(1959)に復元されたのですか?
そんなことも知らずに歩いていました。

この間は,復元された箱根関所を見学しましたが
よかったです。
古い建物が残っていなくても,
門があるだけでも,いい感じですね。
Posted by 萩さん at 2017年11月20日 11:34
> 門は昭和34年(1959)に復元されたのですか?
> そんなことも知らずに歩いていました。

おらも写真を撮っていた案内板をブログを書くのに読んだので、今月になるまで知りませんでした。(^-^;
この日は碓氷峠を越えるのに、何時に着くのか分からないので、意味もなく急いでいたため、案内板をゆっくり読む余裕がなかったですね。
Posted by とらぞう at 2017年11月22日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181610431
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.