2018年06月16日

坂本宿 その09

坂本宿はほとんどの民家の軒下に屋号を掲げてあり、案内板も充実しているので印象がイイ。
まずは右手に武井九夏誕生の地こんどうや(近藤屋)があります。
そして左手に金井本陣跡。
下の本陣とも呼ばれ、文久元年(1861)公武合体で降嫁のために下向した和宮が宿泊しています。
n180616.jpg
しかし、本陣跡の案内板が金井家の敷地の中にあるけど、往時の建物が残っているわけでもないので、案内板は敷地の外に設置した方がイイんじゃないの?
また右手に中村碓嶺誕生の地旧旅籠中村屋があります。
郷土の俳人で、近藤屋の九夏は碓嶺の弟子でした。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿
この記事へのコメント
ここ,本陣なのですよね。
個人の所有だと思うけど,もう少し安中市に整備してもらいたいですね。

新しくパソコンを購入し,ハードディスクをつなげたので,
とらぞうさんの写真を自分のと照合することができるようになりました。
これからも楽しみにしています。
Posted by 萩さん at 2018年06月18日 10:00
2つある本陣の1つ目です。
アップで見るとドアに蔦が絡まっているので、もう空き家みたいですね。
安中市も安中宿は武家屋敷など整備されていますが、坂本宿も気を配ってほしいですね。
松井田宿も。
Posted by とらぞう at 2018年06月18日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183558510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.