2019年08月09日

坂本宿 その21

百万遍供養塔を横目に息を切らしながら山道を上ります。
安政遠足7.5km標識を過ぎると珍しい柱状節理(ちゅうじょうせつり)があるけど、撮影の時に肩で息をしていたようで、写真がピンぼけ…。
il||li _| ̄|◯ il||l
n190809.jpg
節理とはマグマが冷却固結したものなので、やはり浅間山の溶岩がここまで流れてきたのか?
恐ろしいことです。
石のカケラが多かったので石畳の残骸と思っていたけど、節理の破片だったのね。
刎石山の“刎ねる石”というのは、この柱状節理の石のことなのかな?
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿
この記事へのコメント
私は熱中症の影響で,もっとブレブレでしたよ。
このときは,写真を撮るゆとりがなかったようです。

それにしても,一回目のときの写真を無くしたのが悔やまれます。5月の新緑の時だったので・・・。
Posted by 萩さん at 2019年08月10日 09:46
萩さんもブレブレでしたか!
当日は9月10日でまだ暑かったですからね。
柱状節理の画像はフォトショップでシャープにしてあります。
軽井沢宿に着くまで何枚かはピンぼけ写真を使います。(T-T)
Posted by とらぞう at 2019年08月10日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186391858
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.