2011年02月08日

桶川宿 おしまい

多聞寺を出ると信号のない丁字路が古中山道。
画像
ドラッグストアのセイムス屋が目印です。
大宮宿で氷川神社の参道が古中山道だったのにパスしたけど、こちらには一里塚があるというので、左折してちょっと寄り道〜。
次の丁字路を右折すると北本駅。

あ!予定ではさっきの北本宿碑で休憩して、その時に桶川宿の旅を終えて万歩計とGPSをリセットしようと思っていたのに、代わりの多聞寺で休憩したらすっかりれて、まだ桶川宿のまま…ガーン!
そんなわけで、11:55北本駅ロータリーで慌ただしく桶川宿の旅は終わり。
トホホ。

桶川宿→の所要時間 3時間25分(休憩除いた正味時間 3時間05分)
万歩計Rの歩数 11,907歩
喜多さんの歩数 10,873歩
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年02月07日

桶川宿 その19

右手に多聞寺。
県指定天然記念物のムクロジにオレンジ色の実がついています。
画像
境内は狭いけど、ボタンが咲いていてキレイ。
奥には神仏習合の名残なのか?天神社が鎮座。
社殿には市指定文化財の算額があるそうだけど、そんなことより境内にベンチ&テーブルが!
やっと10分休憩できるのでホッ。
さっき梅林堂で買った塩豆大福をいただきました。
塩豆大福って生まれて初めて食べるけど、ホントに塩っぱい(笑)。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年02月04日

桶川宿 その18

北本市となり、左手に和菓子屋。
看板に「元治元年創業」!とあるので吸い寄せられちゃった。
熊谷市にある梅林堂の支店で北本二ツ家店です。
本店が中山道から離れているというので、熊谷宿では寄らないだろうと思い、
ここで「初代久兵衛塩豆大福」を購入。本宿交差点に中山道北本宿碑があります。
画像
中山道が整備される前の鴻巣宿はこの地で、鴻巣宿が現在地に移ってから、元の宿ということで「本宿」と呼ばれたそうです。
宿場が移転後しても間の宿(あいのしゅく)なので、ここで休憩しようと思っていたけど、碑があるだけで休めるような場所ではありません。
残念だけど先へ進みます。
歩道が広いのでベンチを置いてほしいね〜。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年02月03日

桶川宿 その17

お休み処「中山道宿場館」で尋ねた、地元の方の浮世絵ポイント@桶川宿というパチンコ屋が見つからない(涙)。
マメトラ・ショッピングパークってな郊外店があるけど、ひょっとしてパチンコ屋の跡地なのかな?
う〜む、仕方がないので、ここをおらの浮世絵ポイント@桶川宿にする。
街路樹のハナミズキが紅白交互に咲いているのが心の支えです。(^_^;
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年02月01日

桶川宿 その16

桶川市役所入口交差点に戻ると、飛行船が4月17日に公開された劇場版「名探偵コナン」の宣伝をしています。
さて、この交差点がてっしーの浮世絵ポイント@桶川宿だけど、お休み処「中山道宿場館」で「地元の方にとっての浮世絵ポイントはどこ?」と
尋ねたら、この先のパチンコ屋付近というのでGO!
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年01月31日

桶川宿 その15

桶川市役所入口交差点にまた中山道桶川宿碑。
ここで左折すると桶川小学校に松山以奈り道の道しるべがあります。
画像
正面に「松山いなり道 魚 本小田原町」と刻まれ、市指定文化財。
「魚」は図案化されてシンボルマークのようになっています。
天保7年(1836)日本橋本小田原町の魚市場の人々によって建てられ、元は上の木戸付近にあったものです。
大事にされているけど、柵に囲まれ下部がよく見えないのが残念。
しかし、日本橋から中山道を北上して、
箭弓(やきゅう)<荷神社@東松山市までお参りするなんて、スゴいな〜。(◎o◎)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年01月28日

桶川宿 その14

左手の駐車場にトイレがあります。
何故か?トイレの隣にお地蔵さまが!
駐車場の掃除をしている方に尋ねると、麺処今福屋のトイレで、お客ではないけどおりしました。
ありがとうございます。そして、はす向かいに市指定史跡上の木戸跡があります。
画像
これで桶川宿が終わっちゃった。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年01月27日

桶川宿 その13

歩道橋の柱に桶川一里塚跡があります。
画像
両側の塚には杉が植えられ、その根元には妙見菩薩が祀られていたけど、さっきの市神社(いちがみしゃ)と同じく、明治9年(1876)に取り壊されたそうです。
う〜む、MOTTAINAI!
現代まで残っていれば、きっと名所旧跡になっていたはずなのに、残念だね〜。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年01月25日

桶川宿 その12

鐘楼が立派な大雲寺には、夜な夜な寺を抜け出して女郎を買いに行ったという伝説?…ってゆーか、昔話?がある女郎買い地蔵がいらっしゃいます。
本堂左手にお地蔵さまが3体並んでいるけど、どちらが絶倫の?女郎買い地蔵なのか分からない。
住職がかすがいを打ち込んで縛ったというので、背中をチェックしたら一番右側でした。
画像
せっかくなので、夜の営みが弱くなったとお嘆きの貴兄のために、お地蔵さまの股間を撫でてきました。
お悩みの方はおらと握手しましょう。(^_^;
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 06桶川宿

2011年01月24日

桶川宿 その11

名前のない交差点に戻ると東和両替屋に市神社(いちがみしゃ)の跡があります。 画像 標柱によると、桶川宿では五十(ごとう)の市といって、 毎月五と十のつく日に市が開かれていたそうです。 月に6回開かれる市といえば、浦和宿と同じ六斎市だね。 その市を守る市神社が、 この名前のない交差点と旧菖蒲道(現稲荷通り)の追分に建てられていました。 へぇ〜。 後日『中山道分間延絵図』を見ると、 確かに市神社が道のど真ん中に鎮座しています。 しかし、明治9年(1876)交通の妨げになるため、 八雲神社と社号を変えて稲荷神社に移されたそうです。
posted by とらぞう | Comment(0) | 06桶川宿
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.