2013年03月22日

新町宿 おしまい

中山道の標柱を横目に関越自動車道をくぐると高崎伊勢崎自転車道があります。
そのまま自転車道を横断すると、12:40お伊勢の森(神明社)。
画像
弁財天で休憩した時に新町宿を終えればヨカッタのに、万歩計とGPSをリセットし忘れたので、ここが新町宿の終点。お伊勢の森の案内板によると、中山道はお伊勢の森の北側を通っていたけど、文化年中(1804〜18)に森の南側を通るようになったそうです。
文化3年(1806)完成の『中山道分間延絵図』を見ると、おお!中山道は確かにお伊勢の森…ってゆーか、神明社の北側を通っている!
この付近の中山道の道筋はよく分からないので、高崎伊勢崎自転車道でも歩こうと思っていたけど、お伊勢の森に寄ったおかげで道筋が分かってヨカッタよかった。
画像

新町宿→の所要時間 3時間45分(休憩除いた正味時間 3時間25分)
万歩計Rの歩数 14,943歩
喜多さんの歩数 13,185歩
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月15日

新町宿 その25

広い敷地に白い塀や蔵が美しい川端家住宅があります。
画像
かつては「一町屋敷」と呼ばれた豪農で、主屋をはじめ、塀・蔵・門など、19棟も国登録有形文化財となっています。
江戸時代後期〜昭和初期の建物群。

石仏がいっぱいの信迎庵を横目に、今度は廃屋。
画像
屋根に高窓が2つもある養蚕農家なのに残念。(T-T)
諸行常の響きあり。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月14日

新町宿 その24

浮世絵ポイント@新町宿である弁天橋を渡ると藤岡市となり、右に旧道。
画像
新町宿のある旧多野郡新町は、平成18年(2006)に高崎市に編入され、飛び地になっています。
旧道の左側に「旧中山道」の標識があるけど、間違えてK178を進んでしまった旅人には見えないので、旧道の右側に設置した方がイイと思うんだけど…。伊勢島神社には狛犬の代わりに狛狐がいます。
それなら「伊勢島稲荷神社」と呼ぶんじゃないの?
境内に石仏がいっぱい。
案内板がないのが残念。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月08日

新町宿 その23

日本スリーデーマーチ発祥の地碑の向かいに弁財天があります。
画像
往時は温井川にある中の島…ってゆーか、弁天島に鎮座していて、『中山道分間延絵図』にも描かれているけど、昭和48年(1973)治水の都合で現在の地にされました。
境内に安政2年(1855)に建立された芭蕉句碑があります。
木陰があるので10分休憩。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月07日

新町宿 その22

本陣跡で新町宿は終わり、温井川の手前に日本スリーデーマーチ発祥の地碑があります。
画像
東松山市で開催される本大会は新聞でよく見かけるけど、第1回目の大会は昭和53年(1978)新町で開催されました。
おらは街道歩きが趣味だけど、歩くのは苦手なので参加したことはないな〜。(^-^;
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月02日

新町宿 その21

ブロック塀沿いにひっそりと小林本陣跡。
画像
高瀬屋と小林本陣の間に久保本陣があるんだけど標柱も案内板もありません。
しかし、本陣って宿場の中ほどにあるものだけど、新町宿はホントに宿場のはずれにありますね。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年03月01日

新町宿 その20

喜多さんが飲物を買いたいというので、新町駅に向かい、セブン茶屋でお買い物。
商店街のレトロな雰囲気がイイ感じ。旧道に戻ると旅籠高瀬屋跡があります。
画像
文化7年(1810)小林一茶が高瀬屋に泊まった際に、夜更けに起こされて見通灯篭の寄付を強要されました。
懐が寒い一茶は断ったものの、しぶしぶ12文寄進しました。
そんなドラマのある見通灯篭は、先に書いたけど、新町宿にはありません。(>_<)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年02月22日

新町宿 その19

行在所(あんざいしょ)公園から、
さらに旧道から離れて於菊稲荷神社(おきくいなりじんじゃ)。
鳥居の写真を撮ろうとしたら、その先には簡易トイレ…。
トイレが本殿?と思ったら、参道がL字に折れています。
ビックリした〜。(^-^;
文政6年(1823)製の於菊稲荷神社水屋が市指定文化財です。
彫刻が見事だけど写真を撮るのに金網がジャマ…。
画像は水屋にある手水鉢。
「冰香」の筆跡は寛政の大詩人:大窪詩仏の書です。
画像
拝殿でお参りすると、薄暗くてよく見えないけど、於菊稲荷神社絵馬「武者絵」「遊女参詣」も市指定文化財。
境内には幼児専用ベンチなんてのがあります。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年02月21日

新町宿 その18

十字路の角に行在所(あんざいしょ)公園があります。
公園の奥に新町道路元標&市指定史跡明治天皇新町行在所があります。
画像
明治天皇が明治11年(1878)北陸東海巡幸の際に宿泊しました。
元宿場で旧本陣があるのに、旧本陣が宿駅の西寄りであること&警備上の問題があるとして、わざわざ新築しました。
当時の建設費788円。
ビックリ!(◎o◎)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿

2013年02月15日

新町宿 その17

新町宿内の旧道は真っ直ぐ。
雰囲気が蕨宿に似ています。
諏訪神社に寄ると、
獅子舞・石鳥居・小林穣洲先生寿蔵之碑・御輿など、市指定文化財がいっぱい。
石鳥居は元禄15年(1702)製で、老朽化のため境内の裏に埋めて保存されているのでビックリ!(◎o◎)
画像
続いてガトーフェスタ・ハラダ中山道店(旧本店)に寄ります。
元は明治34年(1901)創業の和菓子屋で、当時の屋号は松雪堂(しょうせつどう)。
戦後洋菓子屋に転向して、今やラスクの有名店です。
せっかくなのでお八つ用にグーテ・デ・ロワをお買い物。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 11新町宿
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.