2018年11月28日

坂本宿 その16

宿内では歩いているのはおらたちだけだったけど、坂本八幡宮の境内は賑やか。
りの準備で神輿と坂本宿の提灯がスタンバっています。
往時は峠を控えて本陣が2軒もあって大きな宿場だったと思うけど、今は昔。
しかし、人々の暮らしは連綿と続き、村の鎮守のお祭りにはちゃんと人々が集まります。
屋号が掲げてあり、案内板も充実して、印象に残るイイ宿場でした。
n181128.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年11月17日

坂本宿 その15

藤屋から数軒で上木戸跡があり、坂本宿はおしまい。
そして、坂本八幡宮。八幡宮の入口に芭蕉句碑が置かれています。
元は寛政2年(1790)にこれから訪れる刎石山中腹の「覗き」に建てられたもので、明治年間に中山道が廃道となり現在地に移されました。
「ひとつ脱てうしろにおひぬ衣かへ」と刻まれています。
市指定重要文化財。
n181117.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年11月08日

坂本宿 その14

今度は左手にデイリー茶屋の藤屋。
碓氷峠越えるのに最後のコンビニです。
往時は何屋だったのか分からないけど、何かしらの商売をしていたそう。
PET水・PET飲料+お八つを購入。
n181108.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年10月16日

坂本宿 その13

鍵屋の並びに旧旅籠たかさごや(高砂屋)跡。
小林一茶の定宿でした。
寛政〜文政年間(1789〜1831)坂本宿では俳諧や短歌がブームで、ひとたび一茶が草鞋を脱いだと聞くや、近郷近在の同好者が駆けつけたそうです。
そんなこともあって、武井九夏や中村碓嶺などの俳人が輩出しているのね。
n181016.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年08月12日

坂本宿 その12

旧旅籠かぎや(鍵屋)跡はいつ頃の建物なのか?分からないけど、宿場の風情が残っていてイイね!
高崎藩で納戸役鍵番を勤めていた武井家の祖先が坂本宿に移住して旅籠を営むことになり、役職にちなんだ「かぎや」と屋号を付けたそうです。
屋根看板が残っていてなかなかイイけど、屋根を見ると鬼瓦に「かぎや」の屋号が表示されているので面白い。
n180812.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年08月11日

坂本宿 その11

佐藤本陣跡の並びにみよがや(茗荷屋)脇本陣跡があります。
そして、はす向かいに永井脇本陣跡、現在坂本公民館となっている酒屋脇本陣跡、旧旅籠かぎや(鍵屋)跡が並んでいます。
酒屋脇本陣跡の前には中山道坂本宿屋号一覧が立っています。
あ!横川駅前のおぎのや(荻野屋)が坂本宿の出身というので、故地の写真を撮ろうと思っていたけど、ありゃもうぎちゃった…。
ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
n180811.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年06月18日

坂本宿 その10

左手に佐藤本陣跡があります。
上の本陣とも呼ばれていました。
明治8年(1875)坂本小学校の仮校舎にあてられ、坂本小学校発祥の地でもあります。
後年佐藤家は移住して、現在の建物は明治34年(1901)にお隣の小竹屋の分家として建てられたものです。
明治の建物なので「上州櫓」と呼ばれる高窓が付いています。
n180618.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年06月16日

坂本宿 その09

坂本宿はほとんどの民家の軒下に屋号を掲げてあり、案内板も充実しているので印象がイイ。
まずは右手に武井九夏誕生の地こんどうや(近藤屋)があります。
そして左手に金井本陣跡。
下の本陣とも呼ばれ、文久元年(1861)公武合体で降嫁のために下向した和宮が宿泊しています。
n180616.jpg
しかし、本陣跡の案内板が金井家の敷地の中にあるけど、往時の建物が残っているわけでもないので、案内板は敷地の外に設置した方がイイんじゃないの?
また右手に中村碓嶺誕生の地旧旅籠中村屋があります。
郷土の俳人で、近藤屋の九夏は碓嶺の弟子でした。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年05月08日

坂本宿 その08

坂本宿は何もなかったところに新設された宿場町で、碓氷関所が関長原から横川に移された元和9年(1623)の後、寛永2年(1625)に完成。
計画都市として整然と町割が行われ、宿場施設を除く一般家屋の間口が7間と3間半と決められていました。
英泉の浮世絵のように、往時は道の中央には用水が流れていたけど、現在は道の左側に移されています。
坂本宿が新設される前の初期中山道が、どんなルートだったのか気になるところです。
n180508.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿

2018年04月16日

坂本宿 その07

薬師坂を上りきると再び国道18号とコンニチハ。
緩やかな上り坂。
近々祭りがあるらしく、白髭神社の入口や水神に提灯が掲げてあります。
上信越自動車道をくぐって300mほどで下木戸跡があり、ここから坂本宿。
東海道平塚宿の高麗山(こまやま)のように、お椀を伏せたような刎石山(はねいしやま)が正面にデ〜ンとそそり立っています。
n180416.jpg

ここが浮世絵ポイント@坂本宿。
浮世絵ポイントが久しぶりに中山道のアイドル:てっしー(勅使川原郁恵)と同じ場所黒ハート
帰宅後これまた久しぶりにNHK「街道てくてく旅」のサイトを見に行ったら、何と!ホームページがなくぬゎっていりゅ!

ガ━━━(゚Д゚;)━━━ ン !!!

これからもうてっしーの浮世絵ポイントがどこなのか分からない…。
中山道歩きの楽しみが1つなくなってしまった…。il||li _| ̄|◯ il||l
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 17坂本宿
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.