2016年07月23日

松井田宿 その04

松井田駅を降り立って時間弱。
あちこち立ち寄って、ようやくスタート地点の仲町交差点です。
なかなかイイ雰囲気の建物は畑中医院。
交差点の角に松井田町道路元標が立っています。
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 16松井田宿

2016年07月18日

松井田宿 その03

出発の前に、早くも寄り道。
明治7年(1874)創業のたわらや。
人気の味噌まんを買うつもりだったけど、夏の季節商品なので、この季節にはないんだって…。
ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
寄り道ついでに、前回場所が分からなかった下木戸跡を探します。
前回の予想通り、下木戸跡は案内板の
画像
ということで、案内板の①〜Dは以下の通り。
①下木戸跡地・ももんが堀(木戸東外)
②脇本陣(字下町 徳右衛門 屋敷)跡
③崇徳寺(西上州14番札所)
④陳道斎の外郎店屋敷[虎屋]跡
⑤金井本陣(字仲町 藤右衛門 屋敷)跡
この時はガイド・マップ『松井田宿まち歩き』を持っていなくて、外郎店の場所が分かりませんでした。(>_<)
東海道小田原宿の老舗:ういろう(外郎)の分家というので残念(金井本陣のはす向かいで、現在の山城屋酒店_| ̄|◯)。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 16松井田宿

2016年07月10日

松井田宿 その02

松井田駅を調べてみました。
画像
松井田駅は明治18年(1885)開業。
開業当時はスイッチバックの駅で引き込み線があり、松井田宿の西のはずれ、現在の松井田東中学校付近にありました。
昭和37年(1962)高崎〜横川間が電化され、現在地に移転。
スイッチバックは廃止。
しかし、沿線住民の反対運動があり、昭和40年(1965)に西松井田駅が開業しました。
へ〜、そんなわけで、こんな近いところに2つも駅があるんだね。
住民説明会とかしていなかったのかな?
始めっから西松井田駅の場所に松井田駅を移せばイイのにね。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 16松井田宿

2016年07月07日

松井田宿 その01

中山道歩きの10日目。
JR信越本線松井田駅に降り立ちます。
前回は午後&曇りで妙義山が霞んでいたけど、今日は午前中&快晴なので眺めがイイね!
画像
これから石段を下りて、碓氷川を渡って、路地を上って松井田宿に出るんだけど、何で?松井田駅ってこんな不便なところにあるんだー!
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 16松井田宿

2016年06月25日

安中宿 おしまい

今度は仲町交差点の手前が本陣跡だけど、案内板や標識は見当たりません。
探してみると、何と!街路灯の支柱に案内板が!
う〜む、案内板といえば、五角形で家型の…。
しかも、Dとなっているので、BCが何だったのか?気になるところ。
さて、案内板に「この路地を南へ入ると本陣が一部残存する」とあるので、路地に入ると仲町公会堂が。
画像
う〜む、この建物が金井本陣跡だけど、一部残存って一体…。金井本陣の件は謎のまま、15:50仲町交差点で本日の旅はおしまい。
路地を下って碓氷川を渡り、石段を上ると松井田駅。
駅はひっそり。
駅員が切符の手配に慣れていないのか?萩さんが新幹線の切符を買うのに20分もかかったのでビックリ!
駅のベンチで丸田屋のかりんとうまんじゅうを食べようと思っていたけど、時間がなくなり、お土産になったとさ。(^-^;

安中宿→の所要時間 6時間45分(休憩除いた正味時間 5時間00分)
万歩計Rの歩数 22,060歩
喜多さんの歩数 20,172歩
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年06月10日

安中宿 その28

松井田交差点から県道33号に入り、しばらくすると松井田宿。
下町交差点の手前が下木戸跡だけど、案内板や標識は見当たりません。
下町交差点を過ぎて、2階に欄干のある民家を撮っていたら、何と!フェンスに案内板が!
脇本陣跡(徳右衛門屋敷)だって!
画像
②とあるので、①は木戸跡なのかな?
案内板といえば、五角形で家型の板に棒を付けて、地面に突き刺しているものだと思っているので、フェンスにくくりつけているとは…。
画像
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年05月09日

安中宿 その27

名もない交差点から国道18号の歩道歩き…ってゆーか、国道の右側には歩道があるけど、左側にはありません!
後ろから車がビュンビュン通るのでおっかない。
開削されて石垣が積んである小山は山城の跡で、山城跡を過ぎるとやっと歩道が現れます。
う〜む、『中山道分間延絵図』には「大坂」と書いてあるので、往時ここは急坂で、旧道は国道の右側を蛇行していたんでしょう。緩やかな上り坂から、坂を下る小径の又に郷原木戸長役場跡。
国道の下を進む小径は、明治11年(1878)明治天皇の北陸東海巡幸の際に造られたバイパスです。
画像
国道よりは旧道っぽいので、明治天皇道を歩きたい衝動に駆られるけど、国道を進みます。
右手に赤い鳥居の神明社。
『中山道分間延絵図』では諏訪明神になっているけど、謎。
ここがおらの浮世絵ポイント@松井田宿だけど、2宿連続でてっしーの浮世絵ポイントと場所が違うので残念。(>_<)
中山道は安中宿から上り坂となり、本格的な山道はこの大坂からだからね〜。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月16日

安中宿 その26

何本目かの中山道標柱を過ぎると国道18号との合流地点。
名もない交差点の向こう側に文化5年(1808)製の郷原の妙義道常夜燈があります。
画像
常夜燈は道標を兼ねていて、台座に「是ヨリ妙義道」と刻まれています。
市指定重要文化財。
元は東へ50mの、中山道から妙義道への入口にあったものを、現在地に移転しました。
振り返るとセブン茶屋。
ここがてっしーの浮世絵ポイント@松井田宿です。
何故?こんな所が…。
posted by とらぞう | Comment(4) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月11日

安中宿 その25

県道216号をてくてく進むと磯貝雲峰旧宅跡。
この付近に一里塚があったはずだけど、やはりガイド本には載っていません。
しかし、安中市の旧道日和に「原市小郷原分校の西側約50mに一里塚の跡」!
ということで、原市小学校郷原分校から約50m先の民家が郷原一里塚跡…ってゆーか、さすがにフツーの民家の写真は撮っていません!
その代わり?原市小郷原分校の東側約100m…つまり、郷原一里塚跡から150m手前の画像を貼っておきます(笑)。
画像
『旧道日和』は旧碓氷郡役所でいただきました。
すぐリュックの中に入れちゃったので『旧道日和』を見ながら歩いてはいないけど、ホームページを作成する時に役立ちました。
これはオススメ。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月01日

安中宿 その24

日枝神社の隣は自性寺(じしょうじ)。
画像
境内に基ある郷原自性寺の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が市指定重要文化財。
左側が応永3年(1396)製で、右側が嘉吉3年(1443)製のものです。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.