2016年05月09日

安中宿 その27

名もない交差点から国道18号の歩道歩き…ってゆーか、国道の右側には歩道があるけど、左側にはありません!
後ろから車がビュンビュン通るのでおっかない。
開削されて石垣が積んである小山は山城の跡で、山城跡を過ぎるとやっと歩道が現れます。
う〜む、『中山道分間延絵図』には「大坂」と書いてあるので、往時ここは急坂で、旧道は国道の右側を蛇行していたんでしょう。緩やかな上り坂から、坂を下る小径の又に郷原木戸長役場跡。
国道の下を進む小径は、明治11年(1878)明治天皇の北陸東海巡幸の際に造られたバイパスです。
画像
国道よりは旧道っぽいので、明治天皇道を歩きたい衝動に駆られるけど、国道を進みます。
右手に赤い鳥居の神明社。
『中山道分間延絵図』では諏訪明神になっているけど、謎。
ここがおらの浮世絵ポイント@松井田宿だけど、2宿連続でてっしーの浮世絵ポイントと場所が違うので残念。(>_<)
中山道は安中宿から上り坂となり、本格的な山道はこの大坂からだからね〜。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月16日

安中宿 その26

何本目かの中山道標柱を過ぎると国道18号との合流地点。
名もない交差点の向こう側に文化5年(1808)製の郷原の妙義道常夜燈があります。
画像
常夜燈は道標を兼ねていて、台座に「是ヨリ妙義道」と刻まれています。
市指定重要文化財。
元は東へ50mの、中山道から妙義道への入口にあったものを、現在地に移転しました。
振り返るとセブン茶屋。
ここがてっしーの浮世絵ポイント@松井田宿です。
何故?こんな所が…。
posted by とらぞう | Comment(4) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月11日

安中宿 その25

県道216号をてくてく進むと磯貝雲峰旧宅跡。
この付近に一里塚があったはずだけど、やはりガイド本には載っていません。
しかし、安中市の旧道日和に「原市小郷原分校の西側約50mに一里塚の跡」!
ということで、原市小学校郷原分校から約50m先の民家が郷原一里塚跡…ってゆーか、さすがにフツーの民家の写真は撮っていません!
その代わり?原市小郷原分校の東側約100m…つまり、郷原一里塚跡から150m手前の画像を貼っておきます(笑)。
画像
『旧道日和』は旧碓氷郡役所でいただきました。
すぐリュックの中に入れちゃったので『旧道日和』を見ながら歩いてはいないけど、ホームページを作成する時に役立ちました。
これはオススメ。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年04月01日

安中宿 その24

日枝神社の隣は自性寺(じしょうじ)。
画像
境内に基ある郷原自性寺の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が市指定重要文化財。
左側が応永3年(1396)製で、右側が嘉吉3年(1443)製のものです。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月31日

安中宿 その23

八本木戸長役場跡を横目に進むと村社日枝神社。
画像
拝殿の前に神楽殿が建ち、その神楽殿をくぐって参詣するという珍しい様式。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月27日

安中宿 その22

松井田に入ったところで昼食にしようと思っていたけど、予定より遅くなって、昼食難民になりそうな予感…。
「¥500ランチ」ってな看板に惹かれて、にこにこ茶屋へ。
ホントに500円で生姜焼きランチをいただきます。
画像
女将さんと話が弾んで、サービスのお焼きなどをいただいたりして、1時間20分も休憩。(^-^;
お腹ポンポコリン♪
しかし、お腹が満足したら、歩くモチベーションが激減。
磯部駅から帰ろうと思ったら、萩さんから「松井田まで歩こう!」と叱咤激励されて、急遽萩さんがリーダーとなってスタコラ。
おらが喜多さんとなって、萩さんの後ろをヨロヨロとついて行くことに(笑)。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月26日

安中宿 その21

安中市立第二中学校の半田善四郎胸像を横目に八本木地蔵堂。
画像
本尊の地蔵菩薩像が市指定重要文化財。
ここは八本木の立場で、地蔵堂の向かいが八本木旧立場茶屋の山田屋。
緩やかな上りが続いていたけど、ここから下りとなる地形です。
ちょうど峠のようになっているので、立場になったのかな?
せっかく立場なので10分休憩。
茶屋跡の西側に防風林樫久根(かしぐね)があります。
画像
かかあ天下と空っ風。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月21日

安中宿 その20

坂を上ると真光寺。
祠のような本堂の隣りにある、天明元年(1781)製の真光寺の鐘が市指定重要文化財となっています。
画像
戦時中の供出をよく免れたね。
ここで歴史に詳しい地元の方が現れます。
マニアック過ぎて、話が難しくてよく分からないけど、ありがたく拝聴しました。(^-^;
真光寺を過ぎるとセンターラインがなくなり、道幅が狭くなります。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月19日

安中宿 その19

原市村戸長役場跡を横目に原市茶屋本陣跡。
画像
原市は間の宿で、茶屋本陣は五十貝(いそがい)家が務めました。
明治11年(1878)明治天皇の北陸東海巡幸の際に休憩所となり、明治天皇原市御小休所の碑が建っています。
高札場跡でもあります。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 15安中宿

2016年03月13日

安中宿 その18

杉並木が終わると、少し離れて「天然記念物安中原市杉並木」の石標。
画像
石標の並びの一区住民センターから歩道がなくなり、道が狭くなります。
そういえば、安中総合学園高校交差点の手前、新島襄旧宅入口近くの安中消防署付近から歩道が広くなっていた。
はっ!Σ(゚д゚lll)
安中原市の杉並木って、昔は安中消防署から一区住民センターまであったんだね!
消防署の向かいにも石標があるので、写真に撮っておけばヨカッタ。(>_<)安中原市の杉並木の杉の数は、天保15年(1844)に732本、昭和7年(1932)では321本。
昭和8年(1933)に国の天然記念物に指定されたものの、枯死のために杉が激減!
昭和42年(1967)安中分の並木が指定解除され、杉並木の石標だけ取り残されてしまった…。
原市分の杉も現在は十数本にまで減っています。
地図で計測すると、安中消防署〜一区住民センターは約1.5kmだけど、現在の杉並木は500mにも満たない。
このまま杉は減ってしまうのか?
杉並木の行く末が心配。(>_<)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 15安中宿
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 1日中、山道。, All Rights Reserved.